TOP>支部だより>九州支部

Contents
トップページ
会長あいさつ
理事長・学院長・学長挨拶
創立50周年募金について
組織図
校友会会則
沿革
評議員会月報
委員会報告
委員会だより
総務企画渉外事業広報
支部同窓会支援
体育文化振興支援周年事業
卒業学年期 同窓会だより
クラブOB 同窓会だより
支部だより
東京東海京都中国四国
九州茨木地域
年間・月間スケジュール
校友会会報
校友会メールマガジン登録ご案内
プロフィールシート登録のお願い
事務局からのお知らせ
卒業年早見表
在学生への支援事業案内
個人情報の取扱について
お問い合せ

追手門学院大学校友会事務局
〒567-8502
大阪府茨木市西安威2丁目1番15号
TEL.072-643-6135
FAX.072-643-6099
e-mail:info@ogu-koyukai.com

 

 
支部だより 九州支部

九州支部九州支部の活動報告と今後の方針
九州支部長 岩崎 陽一

01.支部総会の報告 
九州支部は6月8日に、福岡にて研修会・支部総会・懇親会を開催致しました。研修は、世界一の涅槃像のある南蔵院のご住職のご講話を拝聴いたしました。
心打たれ、涙したり癒されたり、夢をいただいたりと、参加された皆さんの気持ちは人間のすばらしさを再発見されたようでした。その後、総会・懇親会を行いました。仕事の都合で総会に参加できなかった皆さんも、博多駅での二次会に合流いただき盛会のうちに終えることが出来ました。今回は長崎県、鹿児島県からの参加をいただきましたし、20代の若い女性会員も参加お手伝いいただきました。
世代交代の準備の兆しが見え始めました。今後も皆さんのご支援よろしくお願いします。

02.今後の活動方針
当支部は、青年部の活動等少しずつ活性化が見られるようになりました。そこで今後九州支部は支部本部とし、各県毎に小グループでの活動をお願いすることに致しました。九州各地で活躍中の会員の皆様が、身近な地域で少人数での活動を進めて頂きたく願っています。また、卒業された皆さんとの交流も広げ、先輩諸氏のそれぞれの専門性の活用や若い皆さん方のパワーを結集し相互支援の関係を構築できればとも希望しています。
今後、支部長の依頼を受けた各地区の代表の方から、参加依頼がありますので是非各地域での懇親・交流を広げて下さい。

ページ先頭へ戻る


追手門学院大学校友会 九州支部総会を終えて

九州支部支部長  岩崎陽一
2014年6月7日 土曜日、追手門学院より胸永常務理事様、校友会本部より林田会長ら8名の皆さんのご来訪を受け、2014年度の九州支部総会を大分で開催いたしました。
大分の清原様のご尽力で「二代目 与一」にて活動報告・計画等の協議を行い、引き続き懇親会を開催致しました。懇親会では御当地名産の 関鯖・関鰺 を 堪能することができました。
九州支部の参加者は例年より少なかったものの、九州各地にて開催することでそれぞれの地域の皆さんに参加の機会を増やすことができたようです。今後は各地でのミニ同窓会開催を期待しています。
九州にお住いの校友の皆さん、ぜひご連絡を校友会本部まで頂き、活発なご参加をお願いいたします。

 

2014年6月7日 追手門学院大学校友会 九州支部 総会・懇親会 報告

皆さん、こんにちは。校友会評議員の三宅です。先日の2014年6月7日土曜日、追手門学院大学校友会九州支部の総会・懇親会に参加してきました。場所はJR大分駅からほど近い中央町にある割烹、二代目  与一さん。
司会は、鹿児島支部長の大平さんが務められました(余談ですが、大平さんは、学院創設者高島鞆之助先生の生誕地に建つ記念碑を定期的に掃除されています)。まず、岩崎支部長から、九州支部の現状が語られました。要約すると、現本部役員の一部は、高齢・長期化していて、これ以上の活性化は期待できない。現幹部は大学50周年後に退任し、若い交友にバトンタッチしたい。次期役員の選出が急務である、との事でした。新しい動きとしては、奄美・沖縄支部の新設が予定されているそうです。続いて、校友会の生川副会長と、大学を代表して参加していただいた胸永常務より挨拶を頂戴しました。
九州支部の今年度の活動計画としては、今年のホームカミングデーにおいて、物品販売に参加することが確認されました。続いて行われた懇親会では、先輩後輩の壁もなく、フレンドリーに接していただき、アッと言う間に時間が過ぎていきました。ある方が仰った言葉が耳から離れません。「なんだか、初めて会うような気がしませんね」。それはこちらも同じでした。追手門で4年間学んだだけで、何か相通じるものがあるのかもしれません。女性方も失礼ながら愛嬌があり、緊張する事なく会話する事ができました。最後になりましたが、開催の労をとっていただいた大分支部長の清川さん、お疲れ様でした。今度は大学でお会いしましょう。

懇親会
懇親会
懇親会
懇親会
懇親会

 


 

平成24年度 九州支部総会の鹿児島での開催を終えて

九州支部長 岩崎 陽一

 新幹線の開通で名実ともに熱くなっている鹿児島の地で本年度の総会を開催でき、本支部が九州各地で開催したいという目標に近づきつつあると同時に開催地の若い会員の皆さんの参加に感謝しています。  
当日は、大学の方から高尾常務様、校友会平野会長様をはじめ15名の遠来の来賓をお迎えしました。桜島の灰に自然の驚異を感じながらも鹿児島らしさに感動しつつ総会をすすめることができました。  
総会では、主に次の三つの内容について提案および広報を行い、九州支部の各校友のご理解とご協力をお願いしました。

  1. 大学創立50周年記念事業への協力依頼
  2. 支部活性化のための若年会員の参加促進プランの企画と実践
  3. 支部役員の計画的世代交代  

 以上の3点は、理解を得つつも今後も継続して推進および改善を図ることを確認して総会を閉じました。  
今回は、東京支部・京都支部・四国支部からもご参加いただき各支部の活動を参考にする事ができ次回への期待が膨らんだところです。当支部の総会に開催に際しましては鹿児島の大平 卓氏はもとより、当支部青年部長の木屋理恵氏、支部長補佐の林えみ氏らの献身的なご協力により無事終了できました。ご参加ご支援下さいました皆様方に心よりお礼申しあげます。有り難うございました。

会報73号 会報73号
九州支部総会

高島鞆之助顕彰記念碑

ページ先頭へ戻る


平成24年度 九州支部 懇親会

32期生 文学部 古川 純平

 6月9日、鹿児島で行われた追手門アワーと九州支部懇親会にはじめて参加しました。追手門アワーでは学院創設者である高島鞆之助の歴史について理解を深め、懇親会ではその理解が吹き飛ぶほどの笑いと関西弁が飛び交う楽しい宴席となりました。校友会平野会長や各支部長、OB、OGのみなさん方と親睦を深め、在学中講義を受けていた高尾先生ともお会いでき、本当に有意義な時間を過ごすことができました。  
このような会に参加できたのは、昨年の校友会九州支部との出会いがあったからです。  

 少し私の経緯を話しますと、大学卒業後、福岡の国際NGOに参加しカンボジア現地での駐在員活動や日本で講演活動などしていました。その中で昨年出会ったのが国兼先輩でした。国兼先輩はすぐに支援活動のひとつである「書き損じハガキ回収プログラム」への協力を申し出て下さり、あちらこちらへ電話をかけられました。その数日後に参加した九州支部懇親会で岩崎支部長に初めてお会いしましたが、支部長は会ったことのない私のために、ハガキを500枚以上も集めて持って来てくれました。国兼先輩から電話を受けた後、校長をされていた小学校内や地域で呼びかけ集められたとのことでした。

 卒業生それぞれ、追大への愛着というか思い入れは違うのでしょうが、追大卒業生というバックグラウンドによって、世代の違う先輩後輩がつながり、新しい世界を作るのだと知りました。来年のアワーでは、さらに多くの先輩後輩と九州で会えるよう願っています。

会報73号

九州支部懇親会

ページ先頭へ戻る


平成23年度 九州支部総会・懇親会

 梅雨空の博多に、追手門学院大学アワーの武田双雲氏の講演に引き続き支部の総会・懇親会を天神のイタリアレストランで開催いたしました。幸い雨は上がり太陽が顔をのぞかせる一日と成りました。支部のこの会には、大学より永吉特任副学長様・吉田大学事務部長様、校友会本部より贄田常任理事をはじめ総勢6名様をお迎えして、12名の支部会員で在学当時を思い出すメモリアルタイムを満喫することができました。  
中でも、木屋理絵さん(第24期・文学部 東洋文化学科卒)から披露されました当時の単位登録の資料や文化会活動の写真に母校の歴史を思い起こしました。皆さんも当時のキャンパス生活を思い出しながら卒業以降成長を重ねた自らの年月の速さと深さを実感されていました。  
今回の総会では、若い会員の方の参加があり今後の支部の活性化に希望が膨らんだところです。次回は九州新幹線が開通した鹿児島での開催を約束して会を閉じました。鹿児島は学院の祖高島鞆之助先生の出身地です。是非多くの皆さんの参加をお願いしたいところです。  

 追伸:当日の会終了後、福岡にお泊りになられる永吉副学長様・美濃岡常任理事を囲む会を実施し、大学の特色ある教育実践や校友会本部の全力サポートについてお話をお聞きし、支部の皆もより一層母校への熱い思いを共有できたようでした。参加者皆さんのご協力に感謝しています。  

九州支部長 岩崎 陽一(6期生)

総会
懇親会

ページ先頭へ戻る


九州支部総会・懇親会に出席して

 平成21年度 九州支部総会・懇親会が6月14日(日)福岡市天神のホテルモントレ・ラ・スール福岡で開催されました。 出席者は、九州支部から支部長の山崎健一さんはじめ6名、本部から平野会長はじめ4名、そして、大学から1名 落合副学長(心理学部教授)の 計11名が出席しました。 また、1期の田中(旧姓阪本)さんが、所用の為出席できないとのことでしたが、わざわざご挨拶に来ていただき、大変うれしく思いました。
総会は、山崎九州支部長の挨拶ならびに活動報告、平野会長の挨拶ならびに今年度の活動方針、追手門学院大学アワーへの協力依頼、ホームカミングデー等の報告があり、つづいて落合副学長の 挨拶ならびに 大学を取り巻く状況 及び 現況報告がありました。 最後に、出席者の自己紹介があり、総会は盛況のうちに無事終了しました。
懇親会では、支部の活性化について、たくさんの意見が出されました。 事業委員会ではこれらの貴重な意見を参考に、今後、各支部と緊密に連絡をとりながら、支部活性化に向けて、大学庶務課の協力も得ながら がんばっていきたいと思っていますので ご協力お願いいたします。
最後に、山崎支部長より、次回の九州支部総会を北九州で開催したいとの報告がありました。九州で活動なさっておられる校友の皆様方は、是非ともご出席をいただき、校友会をもり立てていただきたいと思います。 よろしくお願い致します。

常任理事 森 嘉一

会長挨拶  

ページ先頭へ戻る


九州支部について

 九州支部は、福岡在住の卒業生を中心に毎年2月の土曜日の昼間に、支部総会を開催しています。そこでは、例年出会う顔と担当地区の新たな卒業生との12〜3人くらいの和やかな交流が続いています。今年は2月25日に、第13回目?の集まりを熊本市で予定しています。
大阪を離れ、追手門学院大学という名前を聞く機会が少ない九州では、自分が学生時代は気にも止めなかった名前が無性に懐かしくなります。今年も大阪弁のオッチャン、オバチャンとのひとときの出会いを楽しみに、熊本へ出かけようと計画しています。機会をあればみなさんも参加して下さい。

九州支部長  山ア 健一
(15期生)


九州支部の活動状況

  平成18年2月25日(土)熊本市内のホテルニューオータニ熊本にて、校友会九州支部総会・懇親会を開催しました。
当日は、九州支部会員7名と少なめの参加者でしたが、大学・校友会本部から、後藤学長、平野会長ら5名も参加し、参加者全員の近況報告や情報交換等が行われ、終止和やかな雰囲気で、あっと言う間の2時間でした。
※写真をクリックすると拡大表示します。

 ページ先頭へ戻る


Copyright(c)2006 Otemon Gakuin University Kouyukai. All rights reserved.